2006年05月09日

羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る 最強将棋21  羽生善治 著

 今日は、羽生善治の終盤術〈2〉基本だけでここまで出来る 最強将棋21

 前回は好評いただきありがとうございます。
 今回は、前回とは反対に上級者向きの本。最近買った中で面白かった本です。


 「ポップ」

 上級者向き。
 プロと飛落ちで互角以上の勝負が出来る方向け。
 更なる高みを目指したい、という方に特にお薦め。
 問題を解くたびにあなたの終盤力はアップしていくでしょう。
 強くなりたいお子さんには必須です!!
 (1)とセットで是非読んでみてください。

 
 こんな感じでいきます。さてどうでしょう。

 
posted by よんだん at 11:31| Comment(8) | TrackBack(2) | 将棋本 次の一手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

3手詰ハンドブック  浦野真彦 著

 第一弾は今大人気のこの本。 さてさっそく初「ポップ」。


 初心者〜上級者向け

誰にでも分かりやすい詰め将棋本。
難しいだけが詰め将棋じゃない!
簡単なのって気持ち良い!

寝る前や電車の中でどうぞ☆
ストレス知らずです。


 こんな感じでどうでしょう。○○向け、だけは書いてください。後は自由にお任せします。
 皆さんも気軽に参加してみてください!
posted by よんだん at 00:13| Comment(10) | TrackBack(0) | 将棋本 詰め将棋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

将棋界を明るくするために!

 始めてみました、このブログ。

 「ファニースペース」に継ぐ「ブックスペース」

 このブログでは、パッと見ただけでは難しい将棋の本に勝手に解説をつけてしまおう、というもの。

 そしてそれを皆さんと一緒にやっていきたいという趣旨です。

 「ポップ」というのは、書店やCDショップ等で商品の脇に手書きで添えられた「あれ」。
 某CDショップの「ポップ」は、バイトさんが普通に作っているとの事。

 という事は、ある意味将棋が好きなら誰でも出来るはず。
 
 そしてこのブログを読んでくださっているのは、棋士〜初心者まで結構幅広いはず。そこで、「ポップ」つまり「その本の簡単な解説」を皆で作っていこう、というのが趣旨です。

 実は将棋連盟のHPには書籍のネット販売もあり、ちゃんとコメントも出ています。 詳細はこちら

 非常に分かりやすい解説が出ていますが、ここに皆さんの声を更にのっけてしまおう、というのが真の狙い。
 将来的には皆さんの「ポップ」を将棋会館の1階の販売に置いてもらいたいな、と思っております。

 
 うまく行くかわかりませんが、とりあえずやってみましょ!

posted by よんだん at 00:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。